グチとノロケという目障り極まりないかもしれないブログ  閲覧には十分注意されたし


by marimoraise04
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

新渡戸さん

事件はPM1時33分、B駅で起こった。

コトの始まりは駅に着いた1:30ごろだったか。
いつものように切符を買うため券売機へと向かったわけです(無人駅だからね)
小銭がなかったので、千円札をくずすことにしました。
ウィ~ン、と券売機に吸い込まれていく千円… <<=|千円|
…ウィ~ン。|千円|=>> 
…あれ、戻ってきた。おっかしーなぁ。
ウィ~ン→ …ウィ~ン← 
ウィ~ン→ ……ウィ~ン←(矢印は千円札の動きだと思ってください)
何回いれても戻ってきます。
埒が明かないので、まりもはもう一枚の千円札をとりだし、入れることにしました。
"…できれば、これは使いたくなかったが…。"
ウイ~ン→ ……………。

…(   ゜ー゜;) |券売機|

…千円?あれ、千円さん??
でてこなくなりました、千円。
ぽけーっと、放心状態のまま↑立ち尽くすまりも。。。その時でした。

カンカンカンカ~ン
Σ(  ゜ー゜;)!! |券売機|

ヤバイ。電車来たーーー!!
表情はずっと表面上↑でしたが、心の中では↓どころではありませんでした。
(ど、どうしよ…ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌( ;´□`)┘
 千円、千円!私の千円ーーーーー!!ヾ(´□`\;)=3=3=3=3=3 ) 
しかし、ここで千円ごときで取り乱すわけにはいきません。
コトの全てを、一人の男子高校生に見られておったからです。
あくまでいち大人として振舞いたかったまりもは、落ち着いた様子(のつもり)で
駅の連絡先をメモし、券売機を振り返ることなく電車に乗り込みました。

当然、何くわぬ顔で電車に揺られて目的地まで向かいました。
でも、あの高校生が電車でも私をちらちら見てたのは気のせいでしょうか。
(千円ーーーーー!!\(´□`\;)=3=3=3=3=3 )
↑心の中ではこんなんだったのが、彼にはバレバレだったのでしょうか。

結局、電車降車後管轄の駅に連絡し、明日千円を返してもらえることに
なりました。B駅の切符売り場の詰まった千円札が私のだと
信じてくださった駅員さん、ありがとうございます。
というわけで、千円、明日(今日)必ず取りに行かせていただきます。




千円ごときに、ナゼにこんなに自称いち大人が執着するのか。
まりもは、10日まで収入がありません。しかも所持金は現在2000円です。
…1000円は、死活問題になりかねない額だったのです。
本気、誰もいなかったら券売機を蹴り倒しかねなかったくらいです。
…それは言いすぎでした。まりもは平和主義者です。

そしてもう一つ。元々券売機の調子が悪かったのは確かなのですが、
やはり詰まった原因は、入れたくなかった方の千円札にあるような気がする。
実はその千円札、前日にカレシが
漱石さんの顔に山折谷折をほどこし、
下からそのお顔をのぞくと大変マヌケな表情に見える

という、実にくだらないイタズラを施したものだったのです。
(ド暇な方は試してみよう。腹がよじれます)
その札の折跡で券売機がイカれたのだとしたら、
その詰まった千円を抜き出して券売機を直してくれた人には
一生…いや、1ヶ月ほど顔を合わせることができません。恥ずくて。

まぁ、その千円が私のだという証明は、胸を張ってできますけどネ。
[PR]
by marimoraise04 | 2004-12-01 01:37 | おバカな日常